洋服選びで迷わない!元アパレル店員が教える5の法則!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

洋服は、部屋着、お洒落着など日常生活において絶対に必要なものですよね。

そこで今回は元アパレル店員の私が実践している5の法則についてご紹介します。

洋服選びに、「迷わない」「無駄がない」「清潔」をコンセプトにお話ししていきます。

まず自分の今持っている洋服を確認

まずは自分の今持っている洋服の種類を確認していきます。

例えば私の場合、

Tシャツ 35枚
ボトムス 15本
半袖シャツ 10枚
長袖・7分シャツ 8枚
靴 10足
帽子 12個
寝巻き 3セット
スーツ7着

が持っているアイテムです。

ここから本題の5の法則に入っていきます。

お気に入りの洋服以外はお蔵入り

実際、私の所持していた洋服の中でもやはり着る優先度があり、お気に入りがあります。

これは皆さんも同じだと思います。

なので、本当に着ない洋服は処分か、リサイクルショップに売る、家族や友人にあげています。

5の法則で洋服を選ぶ

5の法則とは、単純です。まずは今持っている洋服の中から自分がお気に入りを5つ選びます。

例えば、

Tシャツ 5枚
ボトムス 5本
半袖シャツ 5枚
長袖・7分シャツ 5枚
靴 5足
帽子 5個
スーツ5着

このように5パターンを選んでいくことで、無駄がなくなり、また洋服一枚一枚をより大事に使えるようになります。

5の法則はずっと同じ服を着るのではない

もちろんパターンを絞ったことにより、毎日の洋服選びも簡単になります。

ただ飽きる瞬間、衣替えの季節など、時期を見て5パターンを切り替えていきます。

自分が本当に気に入った洋服を選ぶ

個人的には、古着であっても、新作の洋服であっても、大事なのは自分が気に入って選んだかです。

もちろんショップの店員さんや身近な人に選んでもらうのも良いです。

ただ最終的には自分が気に入っているかどうかが大事です。

そうでなければ、いつか着るかもと思っていても、気に入っていなければ、ほとんど着ることはありません。

好きな服で固めれば自信がつく

自分がお気に入りと決めた服です。イキイキとお洒落を楽しめます。

もちろん似合うパターン、似合わないパターンは人それぞれあるかと思います。

周りの人の意見も聞いてみたりして、洋服の選び方もアレンジしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。